Character

-​登場人物紹介-

Kreis Luin

​クライス・ルイン

歴史の齟齬や文明の断絶に精霊という存在を見いだし、その研究を続ける考古学者。

大学で教鞭をとる傍ら、精霊たちの《歌》を記録し、その法則性を追究したり、精霊との関わりを匂わせる各地の古代遺跡を独自に調査している。​​

​「信じたい、と思っている。君の見ている世界が本当にそこにあるのだと証明する、それこそが僕の研究の目指すところだから」

Mina Priera

​ミーナ・プリエーラ

考古学専攻の大学生。名家のお嬢様。

普通の人には見えないものが、色々と見えてしまう体質。

クライスの研究に興味を持ち、遺跡調査に(自称)助手として(勝手に)同行する。

​絵を描くことが好き。

「蘇りし湖上の都イルタヴィナ。今、ここからクライスさんの物語が始まるんですね! ……はっ!? もしかすると私も先生の助手として後世に名前が残ってしまうかもしれないです……!」